本文へ移動

苦情解決について

お困りごとはありませんか?

苦情に対し適切な解決に努めます

    社会福祉法人 新永福祉会 恵光苑では地域およびご利用者様からの苦情に対し、適切な解決に
    努めます。苦情およびその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除
    き、当ホームページに公表し、改善に努めます。
     ※社会福祉法第82条の規定により、当施設では苦情に適切に対応する体制を整えております。

苦情受付担当者

苦情解決責任者施設長 藤田芳久
苦情担当受付者生活相談員 石井啓司・山中翔平
第三者委員中谷和子 吉田栄次郎 安部多恵子

苦情解決内容

1.苦情解決受付

    お電話又は、当ホームページのお問合せフォームよりお問い合わせください。
 
       社会福祉法人 新永福祉会 恵光苑
          TEL:0837-22-0723 
          FAX:0837-22-3836

2.苦情解決の報告・確認

    苦情受付担当者が受け付けた苦情を、苦情解決担当者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員へ
    の報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対
    して、報告を受けた旨を通知します。

3.苦情解決のための話し合い

    苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人
    は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
 
      1. 第三者委員の立会いによる苦情内容の確認
      2. 第三者委員による解決案の調整、助言
      3. 話し合いの結果や改善事項等の確認

これまでの苦情解決内容

    ■1.談話室の床のクロスが浮き上がっていて歩きにくいので、調査していただき補修して
       欲しい。 (0000年00月00日:ご利用者様より)
        ⇒早急に業者に連絡し、訴えのあった談話室を中心に調査・補修を行いました。
 
    ■2.お電話をいただいた際に担当が不在であったため、翌日に折り返し電話をするように
       承ったが、電話がかかってこなかった。(0000年00月00日:ご家族様より)
        ⇒ご依頼のありました内容についての対応を図りました。申し送りの体制に不備が
         あったため今後、事業所内の申し送り方法の改善に努めてまいります。
 
    ■3.夕食時、ミキサー食に魚の小骨が混ざっていた。(2014年7月14日:ご利用者様より)
        ⇒魚の部位の確認を2人で行うよう徹底いたします。
       (0000年00月00日:ご利用者様2名より)
        ⇒今回は栄養士の発注時の指示ミスで起きてしまった苦情でした。今後は発注に関
         して、再度見直し徹底いたします。

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人 新永福祉会
恵光苑
〒759-4101
山口県長門市東深川62-27
TEL:0837-22-0723
FAX:0837-22-3836
0
0
7
4
3
2
TOPへ戻る